フィンガーフード・スタイリスト資格取得講座のご案内

目次

フィンガーフード・スタイリストとは

「フィンガーフード・スタイリスト」とは

・フィンガーフードの基本的な手法を習得したうえで
・味や食感、彩りのバランスを考えながらフィンガーフードをデザインし
・食卓にフィンガーフードを魅力的にスタイリングできる

いわば、フィンガーフードで食を楽しむ、そして楽しませることのできる人。

この度当サロンで、その「フィンガーフード・スタイリスト」資格取得講座を開催する運びとなりました。

写真はイメージです。実際のレッスンのメニューとは異なります。

ひと口のごちそう、フィンガーフード

フィンガーフードとは、その名のとおり、指でつまんで手軽に召し上がっていただける、ひと口のごちそう。
ホテルのビュッフェやアフタヌーンティーなどで、目にされる機会も多いかと思います。
小さくてキラキラと可愛いその見た目から、「食べる宝石」と言われています。

そんなフィンガーフードをお家で作れたら素敵だと思いませんか?

難しいのでは、と敬遠される方もいらっしゃいますが、基本的な手法や知識を学んでいただくことで、どなたでも簡単にご自宅でフィンガーフードを楽しんでいただけるようになります。

写真はイメージです。実際のレッスンとは異なります。

資格を活かして生活に潤いを!

「フィンガーフード・スタイリスト」の資格は、1回の受講で取得いただけます。

講座はフィンガーフードに初めて触れるという方にも、すでにご経験のある方にも、フィンガーフードの魅力を存分に楽しんでいただけるような内容となっております。

そして受講後には「フィンガーフード・スタイリスト 」のディプロマをお渡しいたします。

フィンガーフードの資格を活かして、ぜひ生活に潤いを!

※ フィンガーフード・スタイリストは、日本フィンガーフード協会公認資格ではありますが、認定講師となるための資格とは異なります。
フィンガーフード・スタイリストの資格のみでは「日本フィンガーフード協会認定講師」として活動することはできません。
日本フィンガーフード協会認定講師として活動するためには、本科初級、中級コースを修了する必要があります。

こんな方におすすめです

こんな方におすすめです。

・お花やテーブルなどのサロンに軽食としてフィンガーフードを取り入れたい。
・ディプロマ取得を生活の励みにしたい。
・ホームパーティーを楽しみたい。
・おもてなし料理をワンランクアップさせたい。
・家庭の食卓に潤いを与えたい。
・将来サロンを開きたい気持ちはあるが何から始めていいかわからない。
・料理サロンを開いており、レシピを増やしたい。

写真はイメージです。実際のレッスンとは異なります。

こんなふうに資格を活かせます

こんなふうに資格を活かせます。
(旧フィンガーフード・コーディネーター資格取得者のお声より)

・パンの教室で
自宅で手ごねパン教室を主宰しています。
レッスンで焼いたパンに合わせて簡単なランチを生徒さんにお出ししているのですが、可愛いフィンガーフードをお出しするようになったところ、とても好評をいただいています。

・カフェでアフタヌーンティー
カフェを経営しています。
フィンガーフードを組み合わせてアフタヌーンティーのメニューを作ったところ、大好評。
連日完売となっています。

・フラワーアレンジメントスクールで
フラワーアレンジメントのレッスン後に生徒さんに召し上がっていただく軽食を、フィンガーフードにしてみました。
フィンガーフードとお花の相性がとてもよく、写真映えもするので、皆さんがS N Sに投稿してくださるようになり、そのおかげか生徒さんも徐々に増えてきました。

・ディプロマが励みに
子供に手がかからなくなり、自分の時間ができました。
将来、何か自分にもできることはないかと調べるうち出会ったフィンガーフードの世界。
ディプロマをいただくことで励みになり、次の学びへつなげていきたいと思うようになりました。

その他、カリグラフィースクール、紅茶教室などのレッスン後の軽食タイムにフィンガーフードを取り入れたり、各種セミナー後の懇親会などでフィンガーフードをお出ししたりすることで、既存のレッスンやセミナーが活性化したとのお声を多数いただいています。

見た目に美しく、S N S映えもするフィンガーフードを取り入れることによって、集客につなげることも期待できます。

ディプロマを取得いただくことで、自信を持って新しい一歩を踏み出すことができます。

受講資格

どなたでも受講いただけます。

写真はイメージです。実際のレッスンとは異なります。

レッスン内容


講師が、基本的な知識や手法をお伝えしながら、6種類のフィンガーフードの作り方をデモンストレーションにてご紹介。

メニュー

人参のポタージュ
なすとチキンのサラダカナッペ
白身魚のピンチョス マンゴードレッシング
カボチャのもっちもちニョッキ
きのこのミニ・ミートパイ
チョコプリン


その後、皆さまにはフィンガーフードの組み立てを実習していただきます。
フードが仕上がったらテーブルにディスプレイする様子をご覧いただき…。
そして、サービスメニューを加えたコース仕立てでランチをお召し上がりいただきます。

写真はイメージです。実際のレッスンとは異なります。



資格に関する注意事項の説明をお聞きいただいた後、ディプロマをお渡しいたします。

旧・フィンガーフード・コーディネーターのディプロマを取得された皆さま

特典

・ディプロマを取得できます。
・レシピをご自身のサロン等でお使いいただけます。
・フィンガーフード・プロフェッショナル本科(東京都目黒区)の初級コースに優先的にご入会いただけます。

※ 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、現在フィンガーフード・プロフェッショナル本科各コースの開催に関しては未定となっております。
また、再開後の本科受講希望者多数の場合には、全ての方のご希望に添えない場合があり、先着順、抽選とさせていただくことがございますことをご了承いただきたくお願い申し上げます。

日時

Amor a la Cocina では、今回は下記の日程で講座を行う予定です。


この講座は両日満席となりました。
多くのお申し込みありがとうございます。


2022年6月17日(金)満席
2022年6月18日(土)満席

11時〜15時頃まで

各回定員6名さま

次回日程は決まり次第ご案内いたします。

料金

19,800円+消費税 計21.780円
(ディプロマ代、レシピ、材料費込み)

事前に銀行振込をお願いいたします(振込口座はお申し込み後にご案内いたします)
お振込の確認をもってお申し込み完了となります。

場所

千葉県浦安市 JR京葉線「新浦安」駅徒歩4分
お申し込み完了後に詳しいご案内をお送りします。

持ち物

・エプロン
・ハンドタオル
・筆記用具

その他

・我が家には犬がおります。

トイ・プードル♀14歳

高齢犬ということもあり、最近は別室で待たせておくのも心配です。
場合によっては、皆さまにご迷惑のかからないような形で、目の届く場所におかせていただくことがあるかと思いますが、どうかご理解いただきたくお願いいたします。

受講をお考えの方で、もしどうしても犬が苦手な方がいらっしゃれば、その旨ご連絡ください。
対応させていただきます。
その場合も、別室より鳴き声等漏れてくることがあるかと思いますが、ご了承くださいね。


・駐車場がありません。

公共の交通機関でお越しいただくようお願いいたします。

お申し込み

お申し込みは2022年5月16日(月)21時よりお受けいたします。

>>お申し込みはこちらから!!

この講座は終了しました。

キャンセルポリシー

キャンセルの場合は、できるだけ早くご連絡ください。
お振込いただいたレッスン料を払い戻しいたします。
(お振込手数料をご負担いただきますことをご了承くださいませ)

レッスンの3日前以降のキャンセルは、キャンセル料を申し受けます。

3日前の午前6時~レッスン料の50%
(例:レッスン日が15日の場合12日の午前6時〜)

前日の午前6時〜レッスン料の100%
(例:レッスン日が15日の場合14日の午前6時〜)

オンラインレッスンについて

海外など、遠方の方や、お仕事などで対面レッスンへのご参加が難しい方には、オンラインレッスンの予定もありますのでご検討ください。

当サロンでのオンラインレッスンの日時等詳細は未定ですが、決まり次第ご案内をいたします。

写真はイメージです。実際のレッスンとは異なります。

さらに上を目指したい方に

現在、当サロンの他にも

鎌倉サロン 「La Verite Kamakura」  林眞也子先生

バンコクサロン  「Orientaliste」  梅木幸恵先生

上記サロンにて同等の資格を取得いただけます。
それぞれ別の、魅力あふれるメニューを準備しており、お一人で複数の講座を受講いただくこともできます。

1講座受講の方はブロンズ
2講座受講の方はシルバー
3講座受講の方はゴールド

学びを深めていくことで、より上級のディプロマを取得いただけます。

あなたもフィンガーフードの世界をのぞいてみませんか?
あなたの踏み出す一歩のお手伝いをさせていただけたら嬉しいです。

講座でお目にかかれるのを楽しみにしております。

>>>お申し込みはこちらから!!

✴︎2022年5月16日(月)21時よりお受けいたします。

お問い合わせ

この講座に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
目次
閉じる